最近のわたし

またまた、半年もの間、ブログを書かなかったですが、元気な毎日を送っています。
ここ半年にゴルフは2〜3回しかやらず、新宿南口からの往復が唯一の肉体運動。
もっともクラリネットの演奏は、11月にしもたかフィルでチャイコの5番、2月にはキリンフィルでブラームスの2番、
そして、室内楽コンサートでは2月にシューベルト「岩の上の羊飼い」ブルッフ「ヴィオラ&クラリネットのための協奏曲」など
を演奏。忘れずにクラリネットを吹いているのが良い運動になっているようです。

一方、マエストローラ音楽院は、昨年から今年にかけて素晴らしい若手の先生方を迎えました。

クラリネットの倉内理恵さん、
オーボエの南方総子さん、
ヴァイオリンの指原桃子さん、
ピアノの加畑嶺さん、

隔週土曜日の林徹也先生による弦楽アンサンブルクラスもますます健在です。

P1060091.JPG

ぜひ、たまには覗きにきてください。







 

インドから来日したメーリメータ音楽院のこどもたち

台風がくる前の9月下旬の晴れた日々。インドのムンバイからメーリ・メータ音楽院の子供たち19名が日本にやってきた。

P1060259.JPG
メーリ・メータ音楽院は大指揮者であるズービン・メータの父で音楽家でもあったメーリ・、メータの名を冠して「インドの子供たちに早くから音楽文化に親しませ、大人たちには成長の機会を提供する」との目的で20年ぼど前に設立された財団。
世界の優れたオーケストラや音楽家をインドに招聘したり、幼児から大人まで数百名に器楽や合唱の指導、音楽セラピー、プロ研修などを提供している組織で今回はそのなかで小学生から高校生を中心に構成された弦楽アンサンブルのメンバーが来日。
イスラエルのオーケストラでズービンメータに認められ、1年半前からこの音楽院でヴァイオリンを教えている西村美香さん(私の慶応ワグネルの後輩でもある)の発案で、今回、高崎音楽祭での高崎市少年少女オケとの共演、
P1060271.JPG
代々木でのナマステ・インディアでの演奏(冒頭の写真)、慶応高校ワグネル・オケ訪問での交歓演奏(以下)が実現した。
P1060267.JPG
私と、テレ朝で長年「題名のない演奏会」プロデュースをした磯村君の二人でこの日印音楽交流実現をお手伝いしたもの。

もちろん、ボランティアでの2〜3カ月にわたるお手伝いだったのだが、日本の習慣を知らないインドの事務局の人たちとの連日の準備連絡と彼らのわがままに「それはダメ、あれもダメ(わたしの言葉)」の連日の電話。今回の来日を可能にしてくれた高崎音楽祭実行委員会や高崎市の職員の方たちとの連絡。慶応高校の先生や生徒たちとの準備作業、資金調達のためのチャリティーコンサートや、ディスカバー・インディアという団体の方たちのサポートによるナマステインディアへの出演やチャリティー昼食会、連日の資金調達努力・予算修正、宿泊やバス手配などなど・・めまぐるしい連日のお手伝い。 

これらのちょっとした苦労も、子供たちの連日の ”I am so excited" の言葉や "we are so proud of playing in the high school full orechestra " などの喜び。さらには日に日に向上する演奏内容で報われた日印文化交流であった。

 

継続は力なり



継続は力なり・・・これを逆からいうと「継続しないと、力にはなりませんよ」ということになる。
今年4月中旬にアンサンブル・コンサートをやってから、あ事情があったにせよ、クラリネットを3カ月ほどまじめに吹いてなかったら、ちょっと下手になってしまった。そのことに気づいて、7〜8月に2回ほど師匠の鈴木良昭先生にレッスンをお願いしたところ、基本がばらばらになっていることを発見。来週の本番を控えて、ここ3週間ほど毎日吹いていたら、少し回復してきたような・・・。やはり、おけいこ事はまじめに続けないといけませんね。
わたしのクラリネットの回復ぶりをチェックしたい人は、9月17日(水)19時にマエストローラ音楽院へどうぞ。
近く来日するインドはメーリメータ音楽院の子供たちのためのチャリティーコンサートの冒頭で、シューマンの「幻想小曲集」を久しぶりに演奏いたします。

今日9月5日で5周年を迎えたマエストローラ音楽院

このブログでは、半年ものご無沙汰でしたが、みなさんお元気ですか?
わたしは、これといった病気もせず、ブログを書く暇もないほど忙しく、笑顔の受講者たちのお世話をしています。


http://www.maestrora.jp/ 
まず、上のマエストローラ音楽院サイト をクリックしてみてください。(4分ほどのyoutube です!)
このレッスン風景をご覧のように、ちょうど今日9月5日で5周年を迎え、継続中のマエストローラ音楽院です。
high quality lessons が、当初の構想どおり行われていることがおわかりと思います。

英語では starting from scratch と言いますが、全くのゼロからの出発から5年。
40数年の大企業での生活から,まったく未経験の分野に個人事業主として進出してここまで来られたのはラッキーでありました。まだ道半ばなので、これといったお祝いをしませんが・・・あと5年後の10周年には盛大に祝っていただこうかと(笑)

演奏家としても教育者としてもトップクラスの20数名の音楽家たちと、その方々に教えを乞いに訪れる受講者の方々、リハーサルやコンサートで利用される方々、さらには、私の家族やアルバイト、そして、マエストローラというブランドを育てるためにサポートをしてくださる方々、そのすべての人たちがあって、毎日を過ごさせていただいていること、心より感謝です。


P1060097.JPG

P1060092.JPG

ピアノ室内楽、弦楽合奏、クラリネットワークショップの様子。P1050683.JPG

あと5年後の2019年9月5日には、どんな風に広がっているでしょうか?  乞うご期待です。


 

鈴木良昭先生のクラリネット・ワークショップ

昨年春から10回にわたって行われた鈴木良昭先生(桐朋大教授、元新日フィル首席)によるクラリネット・ワークショップ(協奏曲編)が3月11日に幕を閉じた。写真は最終回(モーツァルト・クラリネット協奏曲第3楽章ワークショップの様子。)社団法人日本クラリネット協会の後援、マエストローラ音楽院主催の実り多い連続ワークショップとなった。

P1060089.JPG

このワークショップは、鈴木良昭先生が長年のご自分の経験から学んできたことを、後進のプロのクラリネット奏者たちに残していきたいとの意図で発案されたもの。ウェーバー、ドビュッシー、モーツァルトなどのクラリネット協奏曲のオーケストラパートを先生ご自身がクラリネット4パートに編曲され、参加者たちが、ソロ部分とオケ部分を交互に演奏し、先生の指導を受ける。アンサンブルの裏にある作曲家の意図について先生の説明を受けながら、より素晴らしいソロ演奏を目指していこうというものであった。

参加された音大生やプロのクラリネット奏者たちにとっては、毎回準備された先生からの質問状やメモにこたえる形でのレッスンで目から鱗の学びが多かったことと思う。

毎回、数週間の日時をかけて編曲の労をいとわれずに(楽しみながら)準備をしてこられた鈴木良昭先生に脱帽!


 

5年目を迎えたマエストローラ音楽院

気づいてみると、半年以上もブログを書いていなくて、時々、病気しているのではとお叱りを受けているので、今日は久しぶりに一言。

昨日でマエストローラ音楽院は無事4周年を迎え、5年目に入りました。
日本口奏話学会の大椙さんからお祝いのお言葉をいただきました。ありがとう!

さて、マエストローラ音楽院、この半年も受講生や講師の数は増え続け、今や、22名の講師(うち海外在住は7名)が、毎月百数十回のハイ・レベルのレッスンをするまでに成長しました。熱心な受講生や先生方のおかげです。

オペラやコンサートで忙しい藤原歌劇団の高橋薫子さんもその一人。
以下の写真のような熱のこもったレッスンが相変わらず続いています。

P1050580.JPG






欧州の演奏家たちが喜ぶサロンの響き

P1050190.JPG 

この写真は、昨年秋のある日、マエストローラ音楽院のサロンで練習するチェコ・フィルのコンサートマスターと、弦楽器トップの皆さん。

毎年一度は来日して、日本のピアニストと合わせたり、このような弦楽トリオやカルテットの演奏会をやっているのだが、その時に練習場所としてこのサロンをいつも利用している。

サロンの響きに独特の特徴があるようで、ここが彼らのお気に入りの場所だ。

ほかにザグレブ四重奏団や、ストラディバリウス合奏団、そして、最近は日本の著名な弦楽カルテットもこのサロンを利用してくれるようになった。

彼らが演奏を始めると、まるで一つの楽器のようにサロンの部屋全体が鳴りはじめるのが不思議。

わたしは、居ながらにして素晴らしいコンサート・リハーサルが聴けるのです!

皆さんもぜひ一度、弾きに来てください。

小豆島のオリーヴ

昨年の秋、郷里の小豆島に行った時に撮ったワン・ショット…小豆島のオリーヴがこれ。

P1050232.JPG

105年前に、地中海沿岸から日本に苗が持ち込まれ、地中海にとても気候条件が似ている小豆島だけで生き残り育ったといわれる。(たとえば、私が育ったころ雪の積もったのをみたことがなく、生まれた初めて上京した際に、大雪の東京を見て驚いた記憶がある。オリーヴが育つわけだ)

小学生のころ(つまり60年ほど前には、わたしの実家の庭にもオリーヴの木が育っていた。
最近はオリーヴオイルだけでなく、オリーヴが完熟して紫色になる前に収穫して塩漬けにしたものが流行っているようだ。ぜひ試してみてください。


流行っているマエストローラ音楽院・フルート教室

P1050379.JPG

この写真は、マエストローラ音楽院の二人のフルート講師である、岩佐和弘さんと立花千春さんが昨年12月25日に、マエストローラ音楽院のサロンでクリスマス・コンサートをやっているところ。

二人ともフランスでフルートを学び、エコールノルマール音楽院などを首席で卒業した後、数々のコンクールで入賞。

岩佐さんはサイトウキネンや水戸室内管弦楽団、カスタムウィンズ木管クインテットなどのメンバーとして活躍。フルートの先生としても、姿勢や音の表現法をとてもわかりやすく教えてくれる。とてもやさしいお兄さんのような指導で人気がある。

立花さんは洗足学園や上野学園で教えながら、数々のコンサートに出演。プロの卵たちに絶大な人気があり、曲の作り方では妥協を許さない指導に定評がある。美しい繊細な音から、凄味のある低音まで…その表現の幅の広さは驚くほど。半年ごとに発表会を開催してぐいぐいと受講生たちをリードする。

そんな二人の先生が演奏するクリスマス・コンサートは昨年末がまだ2回目だったのだが、超人気で超満員。二人の先生である工藤重典さんまで顔を出して、大いに盛り上がっていた。

マエストロ、マエストラたちが教えるマエストローラ音楽院の人気の秘密がこんなに素晴らしい先生たちが教え、そして、演奏しているところにもあります! ぜひのぞきにきてください!


磯部周平(前N響首席)さんのクラリネット講座

P1050135.JPG

早いもので、前NHK交響楽団の首席クラリネット奏者だった磯部周平先生にお願いして、磯部周平クラリネット講座と題して、お話をしていただくようになってちょうど2年になる。

この写真は昨年の秋に行われたクラリネット講座のあとのレッスン風景。

レッスン受講者が少ないときには、私もお願いしてレッスンを受講させていただいている。

昨年11月にはこのようなレッスンの2週間前ほどに私がある会で演奏したサン=サーンスのクラリネットソナタのヴィデオを見ていただいた。 
P1050200.JPG

なぜか年を経るごとに本番で緊張することが多くなり、この時の演奏は自己採点70点以下だったのだが、磯部先生には「ずいぶんと早いテンポですね。でも、破綻がないのがとても良い。細部のところで私がクラリネット講座で言ってきたことについて練習の跡が見られて、ちょっと嬉しいです。」
とまで言っていただいて、ちょっと嬉しかった。

12回目の磯部先生のクラリネット講座は、こんどの日曜日の午後にマエストローラ音楽院で開催される。わずか2,100円の聴講料でとても勉強になりますよ!
今年前半のクラリネット講座と公開レッスンは以下の通りです。
詳細は http://www.maestrora.jp/room/room18.html でもご覧になれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第12回 磯部周平クラリネット講座 2013年1月20日(日)13:30〜15:00 公開レッスンは 15:00〜18:00

 

「ローズとカヴァリーニのエチュードについて」

クラリネット奏者にとってはずすことのできないこの2つのエチュードについて、磯部先生がその背景と練習のポイントを詳しく説明します。

 

第13回 磯部周平クラリネット講座 2013年3月16日(土)13:30〜15:00   公開レッスン    同日 15:00〜18:00

  

「作曲家とクラリネット奏者」

モーツァルトとスタドラー、ブラームスとミュールフェルト、ウェーバーとベールマン、シュポーアとベルムシュテット・・・名曲の陰には作曲家と親しかったクラリネット奏者がいます。

優れたクラリネット奏者に鼓舞されてどのように名曲が生まれたのか。その関係を磯部先生が語ります。

 

第14回 磯部周平クラリネット講座 2013年5月11日(土)13:30〜15:00   公開レッスン   同日  15:00〜18:00

 

 「クラリネットが活躍するアンサンブル曲」

ベートーヴェンのトリオやSeptet,シューベルトOctet,に始まり、モーツァルト、ブラームス、レーガー、ウェーバー、ブルッフ、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー、バルトークまで、クラリネットが活躍する室内楽の数々と演奏ポイントを磯部先生が語ります。

 

以上。

 

Check

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM