<< どっちの料理が好き? | main | 流行っているマエストローラ音楽院・フルート教室 >>

磯部周平(前N響首席)さんのクラリネット講座

P1050135.JPG

早いもので、前NHK交響楽団の首席クラリネット奏者だった磯部周平先生にお願いして、磯部周平クラリネット講座と題して、お話をしていただくようになってちょうど2年になる。

この写真は昨年の秋に行われたクラリネット講座のあとのレッスン風景。

レッスン受講者が少ないときには、私もお願いしてレッスンを受講させていただいている。

昨年11月にはこのようなレッスンの2週間前ほどに私がある会で演奏したサン=サーンスのクラリネットソナタのヴィデオを見ていただいた。 
P1050200.JPG

なぜか年を経るごとに本番で緊張することが多くなり、この時の演奏は自己採点70点以下だったのだが、磯部先生には「ずいぶんと早いテンポですね。でも、破綻がないのがとても良い。細部のところで私がクラリネット講座で言ってきたことについて練習の跡が見られて、ちょっと嬉しいです。」
とまで言っていただいて、ちょっと嬉しかった。

12回目の磯部先生のクラリネット講座は、こんどの日曜日の午後にマエストローラ音楽院で開催される。わずか2,100円の聴講料でとても勉強になりますよ!
今年前半のクラリネット講座と公開レッスンは以下の通りです。
詳細は http://www.maestrora.jp/room/room18.html でもご覧になれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第12回 磯部周平クラリネット講座 2013年1月20日(日)13:30〜15:00 公開レッスンは 15:00〜18:00

 

「ローズとカヴァリーニのエチュードについて」

クラリネット奏者にとってはずすことのできないこの2つのエチュードについて、磯部先生がその背景と練習のポイントを詳しく説明します。

 

第13回 磯部周平クラリネット講座 2013年3月16日(土)13:30〜15:00   公開レッスン    同日 15:00〜18:00

  

「作曲家とクラリネット奏者」

モーツァルトとスタドラー、ブラームスとミュールフェルト、ウェーバーとベールマン、シュポーアとベルムシュテット・・・名曲の陰には作曲家と親しかったクラリネット奏者がいます。

優れたクラリネット奏者に鼓舞されてどのように名曲が生まれたのか。その関係を磯部先生が語ります。

 

第14回 磯部周平クラリネット講座 2013年5月11日(土)13:30〜15:00   公開レッスン   同日  15:00〜18:00

 

 「クラリネットが活躍するアンサンブル曲」

ベートーヴェンのトリオやSeptet,シューベルトOctet,に始まり、モーツァルト、ブラームス、レーガー、ウェーバー、ブルッフ、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー、バルトークまで、クラリネットが活躍する室内楽の数々と演奏ポイントを磯部先生が語ります。

 

以上。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM