<< 5年目を迎えたマエストローラ音楽院 | main | 今日9月5日で5周年を迎えたマエストローラ音楽院 >>

鈴木良昭先生のクラリネット・ワークショップ

昨年春から10回にわたって行われた鈴木良昭先生(桐朋大教授、元新日フィル首席)によるクラリネット・ワークショップ(協奏曲編)が3月11日に幕を閉じた。写真は最終回(モーツァルト・クラリネット協奏曲第3楽章ワークショップの様子。)社団法人日本クラリネット協会の後援、マエストローラ音楽院主催の実り多い連続ワークショップとなった。

P1060089.JPG

このワークショップは、鈴木良昭先生が長年のご自分の経験から学んできたことを、後進のプロのクラリネット奏者たちに残していきたいとの意図で発案されたもの。ウェーバー、ドビュッシー、モーツァルトなどのクラリネット協奏曲のオーケストラパートを先生ご自身がクラリネット4パートに編曲され、参加者たちが、ソロ部分とオケ部分を交互に演奏し、先生の指導を受ける。アンサンブルの裏にある作曲家の意図について先生の説明を受けながら、より素晴らしいソロ演奏を目指していこうというものであった。

参加された音大生やプロのクラリネット奏者たちにとっては、毎回準備された先生からの質問状やメモにこたえる形でのレッスンで目から鱗の学びが多かったことと思う。

毎回、数週間の日時をかけて編曲の労をいとわれずに(楽しみながら)準備をしてこられた鈴木良昭先生に脱帽!


 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM