<< 継続は力なり | main | 最近のわたし >>

インドから来日したメーリメータ音楽院のこどもたち

台風がくる前の9月下旬の晴れた日々。インドのムンバイからメーリ・メータ音楽院の子供たち19名が日本にやってきた。

P1060259.JPG
メーリ・メータ音楽院は大指揮者であるズービン・メータの父で音楽家でもあったメーリ・、メータの名を冠して「インドの子供たちに早くから音楽文化に親しませ、大人たちには成長の機会を提供する」との目的で20年ぼど前に設立された財団。
世界の優れたオーケストラや音楽家をインドに招聘したり、幼児から大人まで数百名に器楽や合唱の指導、音楽セラピー、プロ研修などを提供している組織で今回はそのなかで小学生から高校生を中心に構成された弦楽アンサンブルのメンバーが来日。
イスラエルのオーケストラでズービンメータに認められ、1年半前からこの音楽院でヴァイオリンを教えている西村美香さん(私の慶応ワグネルの後輩でもある)の発案で、今回、高崎音楽祭での高崎市少年少女オケとの共演、
P1060271.JPG
代々木でのナマステ・インディアでの演奏(冒頭の写真)、慶応高校ワグネル・オケ訪問での交歓演奏(以下)が実現した。
P1060267.JPG
私と、テレ朝で長年「題名のない演奏会」プロデュースをした磯村君の二人でこの日印音楽交流実現をお手伝いしたもの。

もちろん、ボランティアでの2〜3カ月にわたるお手伝いだったのだが、日本の習慣を知らないインドの事務局の人たちとの連日の準備連絡と彼らのわがままに「それはダメ、あれもダメ(わたしの言葉)」の連日の電話。今回の来日を可能にしてくれた高崎音楽祭実行委員会や高崎市の職員の方たちとの連絡。慶応高校の先生や生徒たちとの準備作業、資金調達のためのチャリティーコンサートや、ディスカバー・インディアという団体の方たちのサポートによるナマステインディアへの出演やチャリティー昼食会、連日の資金調達努力・予算修正、宿泊やバス手配などなど・・めまぐるしい連日のお手伝い。 

これらのちょっとした苦労も、子供たちの連日の ”I am so excited" の言葉や "we are so proud of playing in the high school full orechestra " などの喜び。さらには日に日に向上する演奏内容で報われた日印文化交流であった。

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM